そばへのこだわり

そば通をも唸らせたソバ百選の味!“ツルッ”とした喉越し、
口の中に“フワッ”と広がる蕎麦粉の香り、コシの強い「信州手打ち蕎麦」
信州にある「岡谷 狸茶屋」は、蕎麦処信州の銘店として“信州そば百選”にも選ばれ、長年、地元や県内外のそば通をも唸らせてきました。本来であれば、打ち立ての蕎麦をその場でお召し上がりいただきたいのですが、多くの声に応え、その味をご家庭にお届けいたします。奥信州産の玄蕎麦を新蕎麦の段階で年間分買付け、常時一定温度管理された倉庫にて保管します。その玄蕎麦を発送に合わせて使用当日に粗挽き、そして二度挽き。蕎麦の香りを“ギュッ”と逃がさずに、挽きたての蕎麦粉をそのまま練り上げます。玄蕎麦から一日で“ツルッ” とした喉越し、口の中に蕎麦粉の香りが“フワッ”と広がる、コシの強い「打ち立ての蕎麦」が出来上がります。その風味豊かな美しい手打ち蕎麦をお楽しみく ださい。クール便にてお届けしますが、到着後2日以内にお召し上がりください。秘伝の調合で作った蕎麦ツユも同封してお届けいたします。締めは蕎麦湯で! 本格手打ち蕎麦のフルコースをお楽しみいただけます。

狸茶屋のそば

狸茶屋の手打ちそばへのこだわり

焼き鳥へのこだわり

操業以来、年間で累計70万本の販売実績を誇る、秘伝製法による”柔らかくててジューシーな焼き鳥”です。

この赤狸ブランドの 信州秘伝焼き鳥は【毎日2,000本】を出荷している地元で有名な激うま焼き鳥です。年間で70万本の販売実績を誇っています。
秘伝製法による“柔らかくてジューシーな焼き鳥”を全国の皆さ んに是非お届けしたいと考え辿りついたのが、焼きたてを真空パックで当日出荷する【出来たて直行便】です。
焼き鳥到着後は、電子レンジで温めるだけで激うま焼き鳥が味わえます。

厳しい品質管理に合格し独自の特殊製法で焼き上げた焼き鳥のみが「信頼の赤狸ブランド」として認められます。

その1:信州産の鶏のみを使用。
その2:と殺直後、ドリップが出る前に超新鮮なまま処理。
その3:秘伝の下味に漬け込まれて。
(※この下味処理によって柔らかくてジューシーに)
その4:肉汁が垂れ落ちないように回転させながら焼き上げる。
(※ だから鶏肉の旨味を逃がさない)
その5:最後に命を与えるのる「秘伝の垂れ」。
(※調合は教えられません。だって秘伝だもん)

“ジュッ”と出てく る肉汁、
“ホワッ”とした柔らかい食感、
“ギュッ”と感じる旨味、
焼き鳥の醍醐味をそのままお届けいたします。

▼電子レンジでチンするだけの簡単調理▼
袋からだして皿に載せて、
ラップをしないまま電子レンジで温めてください。
目安は1袋分(5本)で1分前後です。

狸茶屋の焼き鳥

狸茶屋の焼き鳥へのこだわり

こだわり